トップ画像 本年度大石昌嗣研究室メンバー

地球環境に調和した技術社会の達成への寄与を目標に、高効率エネルギー変換技術に関する電気化学デバイス(蓄電池・燃料電池・固体照明)に関する研究を行っています。主に、無機固体材料(セラミックス材料)におけるイオン・電子の移動現象に関する研究(固体イオニクス)、また放射光などの量子ビームを用いた分光学的手法による電子構造に関する研究に取り組んでいます。

Researches on the environmentally friendly-energy conversion devices which achieves high-efficiency energy conversion such as fuel cells, storage batteries and solid-state lightings, with the goal of contributing to the global environmental problems.
Our study is based on solid-state chemistry, thermodynamics, and electrochemistry. We are working to elucidate the transportation dynamics of ions and electrons, and the electronic/local structure using spectroscopic techniques such as synchrotron radiation X-rays in the solid oxides.

Information

第四期(2019FY)

  • 12月7日(土) 第26回ヤングセラミスト・ミーティングin中四国(香川)にて,M2の土井卓哉,B4の矢羽田友樹,和泉匡哉,髙田健太郎,郷田真平の5名が発表を行いました。check Gallery.
  • 11月26日(火)-28(木) 第45回固体イオニクス討論会(福岡)にて,大石昌嗣が「Mn添加ペロブスカイト型酸化物A(Zr, Mn)O3-d (A=Ca, Sr, Ba)におけるAサイト原子がプロトン伝導特性に与える影響の考察」の発表を行いました。
  • 11月17日(土),18(日) 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会(徳島)にて,M2の大田雄也,株丹大輝,井村亮志,M1の桜木時央,髙木祥弘,御手洗祐作,吉川輝の7名が発表を行いました。check Gallery.
  • 9月1日(日)-3(火) 第15回固体イオニクスセミナー(滋賀)にて,M2土井卓哉君が"Mn添加ペロブスカイト型酸化物A(Zr, Mn)O3におけるAサイト原子がプロトン伝導特性に与える影響"の発表を行いました。check Gallery.
  • 8月10日(土)-11(日) 2nd International Conference on Nanomaterials and Advanced Composites, NAC2019(Taipei, Taiwan)にて,大石昌嗣が"Electronic and crystal structure analysis of metal oxides using synchrotron X-rays (invited)"の発表を行いました。check Gallery.
  • 8月5日(月)Summer School2019 (Tokushima)にて,参加者に研究室紹介をしました。check Gallery.
  • 7月18日(木)研究室で暑気払いをしました。check Gallery.
  • 6月22日(土)立命館大学SRセンター成果報告会(草津)で井村亮志(M2)が「リチウム過剰系正極材料の酸素アニオンによる電荷補償の直接観察」、桜木時央(M1)が「酸素貯蔵材料SrFe1-xMnxO3-δ (x=0.1~1)の3d遷移金属の電子状態観察」のポスター発表を行いました。check Gallery.
  • 6月16日(日)-21(金) 22nd International Conference on Solid State Ionics(PyeongChang, Korea)にて,大石昌嗣が"Electronic State Analysis of Metal and Oxygen in Li-rich Positive Electrodes for Lithium Ion Secondary Battery"のポスター発表を行いました。
  • 6月7日(金) Evaluation of the Electronic and Local Structure of Mn in Proton-Conducting Oxide, Ca(Zr,Mn)O3−δ, To Elucidate a Direct Hydrogen Dissolution Reaction, Journal of Physcial Chemistry Cにアクセプトされました。徳島大学赴任時にスタートした徳大産第一号の論文です! ペロブスカイト酸化物への水素直接溶解時の電子・局所構造変化について報告しました。https://doi.org/10.1021/acs.jpcc.9b03897
  • 6月1日(土)ソフトボール大会に参加しました。今年は2回勝ちました!今年は守備がよいチームで,3戦目も接戦でした。check Gallery.
  • 4月1日(月)大学院先端科学教育部知的力学システム工学専攻から8名、理工学部機械科学科から4名の学生が配属されました。
  • 4月1日(月)研究室第四期がスタートしました。

第三期(2018FY)

  • 3月22日(金) 卒業式が行われました。check Gallery.
  • 3月27-29日 電気化学会第86回大会(京都)で大石昌嗣が「Bサイト混合系ペロブスカイト型酸化物SrFe1-xMexO3-δ (Me=3d遷移金属)のその場XAFSによる酸素放出・貯蔵特性と電子・局所構造」の口頭発表を行いました。
  • 2月13,14日 修士公聴会,2月15日 卒論発表会が行われました。check Gallery.
  • 2月19日 (火), 20(水) 立命館大学 SRセンター BL11で軟X線XAFS実験を行いました。
  • 2月5日(火)-7日(木)SPring8 BL04B2にて全散乱回折実験を行いました。
  • 12月8日(土)第25回 ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国(鳥取)で三谷慶一郎(M2),株丹大輝(M1),大田雄也がポスター発表を行いました。check Gallery.
  • 12月5日(水)-7日(金)第44回固体イオニクス討論会(京都)で土井卓哉(M1)が「Mn添加ペロブスカイト型酸化物における新規プロトン溶解と電子・局所構造」の口頭発表を行いました。
  • 11月27日(火)第28回キャラクタリゼーション講習会(徳島)で井村亮志(M1)が「リチウムイオン二次電池正極材料の酸素アニオンの電子状態解析」のポスター発表を行いました。
  • 11月4日(日)-6日(火)SPring8 BL01B1にて硬X線XAFS実験を行いました。
  • 6月17日(日)-22日(土) 19th International Meeting on Lithium Batteries (IMLB), Kyoto, Japanにて大石昌嗣が” Electronic State Analysis of Oxygen Anion of 3d Transition Metal Layered Oxide Materials”のポスター発表を行いました。
  • 5月2日 (土) ソフトボール大会に参加しました。一回戦は勝ちました。
  • 5月14(月)-17(木)SPring8 BL04B2にて全散乱回折実験を行いました。
  • 4月17(火)-19(水)SPring8 BL01B1にて硬X線XAFS実験を行いました。
  • 4月2日(月)大学院先端科学教育部知的力学システム工学専攻から4名、工学部機械科学科から4名の学生が配属されました。
  • 4月2日(月)研究室第三期がスタートしました。

第二期(2017FY)

  • 3月23日(金)卒業式が行われました。
  • 3月17日(土)-21日(水)第65回応用物理学会 春季学術講演会(東京)にて、大石昌嗣が「赤色蛍光体(CaAlSiN3:Eu)の高温劣化機構の評価」の口頭発表を行いました。
  • 3月9日(金)-11日(日)電気化学会第85回大会(東京)にて、大石昌嗣が「層状酸化物電極材料における、Liイオン脱離時の酸素アニオンの電子状態解析」の口頭発表を行いました。
  • 3月6日(火)-7(水)日本機械学会中国四国支部第56期総会・講演会(徳島大学)実行委員として参加しました。
  • 12月5日(火)-7日(木)第43回固体イオニクス討論会 (山形)にて大石昌嗣が”Evaluation of the electronic and local structure of proton-conducting oxide, (CaZr1-x,Mnx)O3-d, to elucidate a novel protonation mechanism”の口頭発表を行いました。
  • 11月21日 (火), 22(水) 立命館大学 SRセンター BL11で軟X線XAFS実験を行いました。
  • 11月1日(水)-4日(土)SPring8 BL04B2にて全散乱回折実験を行いました。
  • 10月26日(木)-27(金)第53回X線分析討論会(徳島大学)実行委員として参加しました。
  • 10月16日(月)-18日(水)SPring8 BL01B1にて硬X線XAFS実験を行いました。
  • 8月31日(木)窒化物蛍光体材料の高温熱特性に関する論文がJournal of applied physicsにacceptされました。
  • 8月9日(水)-10日(木) 東北イオニクス研究会, 第5回合同ゼミ合宿 三谷慶一郎(M1)が“Evaluation of Mechanical Properties of Layered Oxide Electrode Materials for All Solid-State Lithium ion Secondary Batteries”のポスター発表を行いました。 大石昌嗣が「金属酸化物の格子欠陥と電荷補償について」の講演を行いました。
  • 6月18日(日)-23日(土) 21th International conference on Solid State Ionicsで大石昌嗣が“Direct observation of oxygen anion redox reaction in Li-rich layered manganese oxides”の口頭発表を行いました。
  • 4月25(火)-26日(水) SPring8 BL01B1にて硬X線XAFS実験を行いました。
  • 4月3日(月)大学院先端科学教育部知的力学システム工学専攻から1名、工学部機械科学科から4名の学生が配属されました。
  • 4月3日(月)研究室第二期がスタートしました。

第一期(2016FY)

  • 3月23日(木)卒業式が行われました。
  • 3月25日(土)-27日(月)電気化学会第84回大会(東京)にて、「金属酸化物電極材料における,Liイオン脱離時の酸素アニオンの電子状態解析」の口頭発表を行いました。
  • 12月8日 (木) 立命館大学 SRセンター BL11で軟X線XAFS実験を行いました。
  • 12月5日(月)-7日(水) 第42回固体イオニクス討論会 (名古屋国際会議場)にて「リチウム過剰系正極材料Li2MnO3の平均・局所構造解析」の口頭発表を行いました。
  • 11月14日(月)-16日(水) SPring8 BL01B1にて硬X線XAFS実験を行いました。
  • 11月11日(金) 軟X線分光法を用いた二次電池研究の最前線, 立命館大学SRセンターシンポジウム, にて「Li2MnO3正極材料の酸素による電荷補償の直接観察」の講演を行いました。
  • 9月24日(火) エンジニアリングフェスティバル2016(徳島大学)にて、「次世代リチウムイオン二次電池の開発に向けた、新規電極材料に関する研究、軟X線吸収分光法を用いたLi2MnO3正極材料の酸素による電荷補償の直接観察」の口頭発表をしました。
  • 7月23日(土) 第20回科学体験フェスティバルin徳島に出展しました。”水から電気ができる!~燃料電池を学ぼう~” 水を分解させて燃料電池模型を走らせました。
  • 7月28日(木) Summer School 2016 (Tokushima University)で講演を行いました。“Global Environmental Problems and Renewable Energy”について話しました。
  • 4月1日(金)工学部機械科学科から4名の学生が配属されました。
  • 4月1日(金) 大石昌嗣准教授が着任いたしました。研究室第一期がスタートしました。